チャーシュー

シェアする

スーパーで豚肩ロースが安かったのでチャーシューを作ってみました。
チャーシューって本当は時間をかけて低温でローストするものなのかもしれません。
でも、今日は汁で煮込んでから表面だけ焼いて作ってみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

材料

豚ブロック:500g前後
(バラ肉でもロースでも可)
ネギ:上半分
生姜:薄切り5~6枚程度
ニンニク:みじん切りか、すり下ろし3カケ分
卵:4個

水:1,000cc
酒:200cc (A)
創味のメンつゆ:大さじ 8 (A)
醤油:大さじ 5 (A)
ミリン:大さじ 3 (A)
砂糖:小さじ 2 (A)

タレ

まず、(A)の材料を全部、ボールに入れて混ぜ合わせます。
次に混ぜ合わせたタレを大さじ3ほど、別の容器に残しておきます。
(残したタレは後で焼くときに使います。)

肉の下処理

肉はフォークか竹串を満遍なく刺して味が染み込むように穴を開けておきます。
スーパーでネットの掛かっている豚ブロックを買ってきましたが、ネットが無くても表面を焼いてから煮込むので問題無いと思います。

焼く

フライパンに、ごま油を引いて肉の表面を焼き色が付くまで焼きます。

煮込む

肉に焼き色が付いたら圧力鍋に移して、先ほどのボールに作ったタレと水を入れ、生姜、ニンニクとネギの緑の部分を3cmくらいに切って一緒に入れます。
ネギは上の方1/2の緑の部分だけ使って、白い部分は最後に使うので残しておきます。
圧力鍋で15分程煮込みますが、圧力鍋が無いときは普通の鍋で蓋をして弱火で1時間くらい煮込みます。

半熟卵

肉を煮込んでいる間に、今度は半熟卵を作ります。
冷蔵庫から出した卵を沸騰させた鍋におたまを使って優しく入れます。
上から鍋に落とすと割れてしまいますので、割れないようにおたま等を使って入れます。
入れて1分くらいはゆっくり卵を鍋の中で廻すように箸でかき混ぜると黄身が偏りにくいと思います。
卵は5分で火を止めて直ぐに水で冷やし、殻を剥いておきます。

半熟煮卵の作り方はこちらにもあります。

煮卵は煮汁と一緒に煮込んでしまうと固茹でになってしまうので、煮込まずに味を染み込ませて半熟のままの煮卵の作り方を紹介します。味は煮汁によって違ってきますが、ここではカレーを煮汁にした半熟に卵の作り方を紹介してます。

冷まし

肉の煮込みが終わったら火を止めて、先ほどの殻を剥いた卵を鍋に入れて、肉と一緒に冷めるまで置いておきます。

冷蔵

手で触っても熱く無いくらいまで冷めたら、(30℃くらいまで冷やすのがベスト)
保存用の袋に肉と半熟卵を煮込んだ煮汁と一緒に入れて冷蔵庫で冷やします。

再加熱

冷蔵庫で冷たくなったら鍋に袋の煮汁だけを戻して沸騰するまで火にかけます。
沸騰したら火を止めて冷やした肉と卵を入れて煮汁が冷えるまで置いておきます。
そして、先ほどの冷蔵を繰り返します。
もし、時間があるのであれば冷蔵と再加熱を繰り返すと味がよく染み込みます。
半熟卵は、これで完成です。

焼く

肉は先ほどボールから別の器に移した(A)のタレをスプーンでかけて焼きます。
焼くのはオーブン、オーブントースター、魚焼きのグリル、コンロで網焼き等、何を使っても良いと思いますが、私はコンロに付いている魚焼きのグリルで焼いてみました。
タレに砂糖が入っているので油断していると真っ黒に焦げてしまいます。
弱火で時々、ひっくり返しながら黒焦げにならないように焼きます。
表面が乾燥して焦げ目が少しつくくらいまで焼けたらOKです。

冷まし

焼き上がったら、まな板の上で少し冷ました方が切るときに切り易くなります。

盛り付け

包丁で肉を薄切りに、卵は半分に切って、レタスを敷いた更に盛り付けます。

完成

さっき、残しておいたネギの白い部分を細く刻んで肉の上に載せて、スプーンで煮汁をかければ完成です。
ネギと一緒にチャーシューをどうぞ。
自分で作ったチャーシューの味は格別です。

補足

ニンニクのみじん切りを作る時に写真の様な道具があると便利です。
ラーメン屋さんに置いてあるものと同じだと思います。
皮を剥いて一かけずつ潰していけば簡単にみじん切りが出来ます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする