カレー風味のスペアリブ料理

シェアする

量販店で豚のスペアリブブロックが安かったので買ってきてカレー風味のスペアリブを作りました。
付け合わせに普通のトマトで酸味の効いた茄子とアスパラのトマトソース煮も一緒に作ってみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

材料

スペアリブの材料

豚のスペアリブ          : 4本
ニンニクみじん切り        : 2カケ分
オイスターソース         : 大さじ 4杯(60cc)
カレー粉             : 小さじ 2杯
ゴマ油              : 大さじ 1杯(15cc)
蜂蜜               : 大さじ 4杯(60cc)
醤油               : 大さじ 4杯(60cc)
塩コショウ            : 少々
水                : 400cc

付け合わせ材料

トマト              : 中2個
タマネギみじん切り        : 1/2個分
ゴマ油              : 大さじ 1杯(15cc)
ニンニクみじん切り        : 1カケ分
塩                : 小さじ 1/2杯
コンソメ             : 小さじ 1/2杯
砂糖               : 小さじ 2杯
水                : 50cc

スペアリブ

買ってきたブロックのスペアリブを骨に沿って切り分けます。
流石に全部では量が多いので今回用に4本使って、残りは冷凍保存しておきます。

大さじ1杯のゴマ油を引いたフライパンで2カケ分のみじん切りにしたニンニクを弱火で焼き色が付くまで炒めます。

塩コショウをしたスペアリブを入れて焼き色が付くまで焼きます。
この後、煮込むので煮崩れを防ぐために外側を焼きます。
(中まで火が通って無くても問題ありません。)

煮込み

焼き上がったスペアリブを鍋に移し、オイスターソース(大さじ4杯)、カレー粉(小さじ2杯)、蜂蜜(大さじ4杯)、醤油(大さじ4杯)水(400cc)を加え、煮込みます。
圧力鍋で15分、普通の鍋で蓋をして1時間煮込みます。

煮込み終わったら蓋を開けて冷えるまで置いておきます。

付け合わせ

スペアリブを冷ましている間に付け合わせの用意をします。

煮込みソース

大さじ1杯のゴマ油を引いた鍋で1カケ分のみじん切りにしたニンニクを弱火で焼き色が付くまで炒めます。
ニンニクに焼き色が付き始めたらみじん切りにしたタマネギ1/2個分を入れて弱火のままタマネギが透き通るまで炒めます。

トマトは湯剥きをして1cm角に切っておきます。
トマトの湯剥きはミルフィーユピカタの記事にあります。
ミルフィーユピカタの記事はこちら

豚のロース厚切り肉を使って粉チーズは使わず卵をタップリ纏わせた料理です。 ミルフィーユと言っても肉がミルフィーユでは無く、卵がミルフィーユになっています。 そこに、オリジナルトマトソースをかけた料理です。

タマネギがしんなりして透き通ってきたら角切りにしたトマト、塩(小さじ1/2杯)、コンソメ(小さじ1/2杯)、砂糖(小さじ2杯)、水(50cc)を加えて弱めの中火で蓋をしてコトコト5分程煮込みます。
ドロドロ状態になればOKです。5分煮込んだら、一度火を止めて味の調整をして置きます。

茄子とアスパラ

ソースを煮込んでいる間に茄子とアスパラを一口大に切って、多めのサラダ油で炒めます。

炒め終わったら、油を切って味を調整したトマトソースの中に入れて10分程煮込んで完成です。

仕上げのロースト

冷めたスペアリブを取り出し、アルミホイルを敷いた魚焼き用のグリルに入れます。
様子を見ながら弱火で5分から10分程肉を返しながら焼いていきます。
全体に焦げ目が付き始めたらOKです。
1度煮込んでいるので、表面が乾燥し、焦げ目が付き始めたらOKです。

完成

お皿にスペアリブと付け合わせを盛れば完成です。

チャーシューの煮てから焼くと同じ調理法です。
チャーシューの記事はこちら

チャーシューとは本来、五香粉や蜂蜜等の調味料を擦り込んだ豚肉を低温で長時間ローストするもので、保存食にもなる物ですが、今回は煮込んでトロトロにしてから表面だけをカリッと焼いて作ってみました。

カレーの香りが香るスペアリブ料理でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする