半熟煮卵

シェアする

前回の記事でカレーライスを作ったのでカレーを使って半熟煮卵を作ります。半熟煮卵の作り方は他の煮汁でも同じなのでカレーを他の煮汁に置き換えて作れば他の味の半熟煮卵も出来ます。

まず、半熟ゆで卵を作ります。沸騰した鍋にオタマ等を使って静かに卵を鍋に入れます。

最初の1分くらいは鍋のお湯を優しく廻して黄身が偏らないように卵を転がします。ゆで時間は冷蔵庫から出した卵を使って5分です。

5分経ったら卵を急冷します。水道の蛇口下に器を置き、水を流したままにして置き、そこに鍋からオタマ等で静かに卵を入れていきます。夏等で水道の温度が高めの場合は器に氷も入れて急冷してください。

卵が冷えたら、すりこき棒、スプーン等で卵に細かいヒビを全体に入れます。ヒビは出来るだけ細かい方が剥くときにきれいに剥けます。半熟ゆで卵をきれいに剥くポイントは急冷と細かいヒビです。

ヒビを入れ終わったら剥いていきます。ツルンときれいに剥けます。

器に半熟ゆで卵を入れ、一度沸騰させたカレーを10分くらい置いてからオタマで器に卵が隠れるまで入れます。
そのまま粗熱が取れるまで待ち、粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫に入れます。

2,3時間以上(一晩おいてもOK)冷蔵庫で冷やしたら沸騰させたカレーを10分くらい置いてカレーの中に卵の器の中身を全部鍋に入れます。

軽くかき混ぜたら器に卵とカレーを入れ、粗熱が取れてから冷蔵庫で冷やします。

この再熱と冷蔵の繰り返しです。2日~3日くらいかけて何度も繰り返せば味の染み込んだ半熟煮卵の出来上がりです。

3日間、朝晩再熱を行って出来上がった煮卵です。よく味の染み込んだ色をしてます。

包丁で二つに切ってみると中はトロトロのまま。しっかり煮汁(今回の場合はカレー)の味が染み込んだ美味しい半熟煮卵が出来ました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)