「 豚肉料理 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚肉料理

厚切り豚ロースのキノコソースがけ

焼く前にしっかりと肉を叩いておくことと、両面に焼き色を付けた後に弱火で酒蒸しにすることで厚切りの肉でも軟らかく、焦がさずにソテーすることが出来ます。 キノコの香りが香る美味しいソースと柔らかい厚切りロース肉のソテーです。

カレー風味のスペアリブ料理

一度、柔らかくなるまで煮込んで最後にグリルで表面だけを焼くので、様子を見ながら焼けば焦げすぎることはないし、煮込んでいるので火が中まで通ってないと言うことも無く、美味しいスペアリブが出来ます。 スペアリブが濃厚な味付けなので付け合わせは普通のトマトを使って酸味の効いたトマト煮込みにしてみました。

トロトロ豚の角煮

チョット時間と手間を加えることで旨味の増すトロトロ豚の角煮が出来ます。 ポイントは雑味の無い煮汁で再煮込みすることと、パサパサにならないように煮汁をタップリ作って具材が全部煮汁に浸るようにすること。 後はトロトロにするために煮込み時間を長く取ること。

肉餃子とエビ餃子

底がパリッとしていて中がジューシーなニンニクを入れない羽根付きの肉餃子とエビ餃子の作り方を紹介します。ポイントは餡にしっかりと味を付けることと、焼き方だと思います。先に焦げ目を付けてから蒸し焼きにした方が上手に焼けます。

ミルフィーユ ポーク ピカタ

豚のロース厚切り肉を使って粉チーズは使わず卵をタップリ纏わせた料理です。 ミルフィーユと言っても肉がミルフィーユでは無く、卵がミルフィーユになっています。 そこに、オリジナルトマトソースをかけた料理です。

肉じゃが

肉じゃがは後を引くダシの旨味がポイントだと思います。あとは塩気が強すぎず、弱すぎず、程よい甘みと具材が程よく煮込まれていること。本来の肉じゃがは牛肉を使うと言う人もいますが、牛肉の肉じゃがは臭みが残るので豚肉で作っています。

肉シュウマイとエビシュウマイ

シュウマイは難しそうな料理に見えますが、作ってみると餃子を作るのと、それほど変わりません。具材や調味料が自分の好みで決まれば餃子より簡単に出来ると思います。私のレシピをベースに自分の好みの味を作ってみて下さい。

台湾名物ルーロー飯

台湾本場のルーロー飯を食べたことの無い私がルーロー飯を作ろうと思い立ち、ネットでいろいろ探して作ってみたんだけど、チョット私の好みでは無いので、勝手にトシ流にアレンジしてみました。これは本場のルーロー飯とは言えないけど、美味しけりゃいい、と言うことで本場の味とは違うルーロー飯の紹介です。

チャーシュー

チャーシューとは本来、五香粉や蜂蜜等の調味料を擦り込んだ豚肉を低温で長時間ローストするもので、保存食にもなる物ですが、今回は煮込んでトロトロにしてから表面だけをカリッと焼いて作ってみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)